商品先物フルコミッション【髭のなかちゃん】

  • ひげ中ちゃん将来に夢を語る…

  • 商品先物取引はリスキーである!何だか良く判らない世界である!というのが世間一般の認識であろう。しかしこの低金利時代、株価低迷時代において、何らかの投資・投機対象がないものだろうか?と考えている人は多いのではないだろうか…
    先物取引なんて、素人がやったって儲かるわけがない!とニヒルに語る人達や、テレコールが煩くてとても付き合い切れない!と思ったことがある方々の中でも、実際にチャンスがあれば(本当に信頼できる会社や営業マンがいれば)取引をしてみたい、相場というリスクに一度くらいチャレンジしてみたいと思っている人は多いのではないだろうか…
    現在のところ商品先物取引を実際に行っている人は、おおよそ10万人といわれている。日本の人口を仮に1億人として、1,000人に1人である。そして預り資金は5000億円すら超える事が出来ない。
    しかしネットによる多様な相場情報の発信により、この壁は突き破られて行くかもしれない…先物取引は難しい、情報が少ないとの認識が改まり、先物取引の持つすぐれたシステムが認知されるならば、先物人口は2倍、3倍と増加して行っても全く不思議ではなかろう。先物取引なんて…と言う人も、先物取引自体が悪いと思っている人は少なく、よく判らないうちに取引をさせれたと言う被害者?が出る事を問題にしている方が多いであろう。
    多くの方々がご自分の判断において取引に参加するようになり、買いからも売りからも入れる先物取引の面白さを体感し、株式市場に近づくようなボリュームのある市場に育ってもらえるならば幸せである。
    このサイトは、元々当方の顧客への相場レポートが出発点となっている。顧客の1人に10分間話をしたとしても、20人に話せば200分である。1時間40分も話していたら、相場はもう大きく動いてしまっている。そのために事前に当方の相場観をレポートしたのがスタートである。
    その後多くのご支持を頂くようになり、顧客とそれ以外の読者の差別化を図るために、レポートを会員制として現在に至っている。
    非常に低額な会員制レポートとしている理由は、少しでも多くの方に相場情報を発信し、各位の取引に役立てていただきたいと言うのが本音である。決して安かろう、悪かろうの内容にはなっていないとの自負がある。

    商社・仕手筋・取引員自己玉に利益を吸い取られてばかりいる一般投資家と言うのが今までの業界図式であったとしても、情報がオープンで迅速となった現代のネット社会の中では、全く違ったものが出てくる可能性はあるだろう。
    現在は法的に解決しなければならない問題は多くあるが、当方の夢はこの先物市場において将来は一般投資家のファンドを設立する事が目標であり、この相場の世界で一般投資家の意地を見せつけてやる事が出来れば面白いと考えている。1人当たり1枚でも1,000人集まれば1,000枚の売買と成り得るのだから、そのパワーを集結させる事が出来れば面白いのではないか?相場に勝てるチャンスが増すのではないか!?と考えている。(2002年4月記)